ドレス・バッグ・アクセサリーなどを、お得にレンタル。
結婚式・2次会・パーティに便利なドレスレンタルショップ Cariru

七五三&お宮参り 正解スタイル 七五三&お宮参り 正解スタイル

七五三やお宮参りの母親の服装、どんな服を着ていけばいいの?とお悩みのママのために、選び方からそれぞれにぴったりな服装を写真付きでご紹介します。

七五三とは
七五三とは、子供の成長を祝い、今後の健康を願う年中行事です。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。各家庭や地域で違いはありますが、近所の神社や有名な神社に出向いて、家族で参拝や祈祷をします。 七五三 / Q&A

01 ハウツートピック選び方母親・父親の服装

和装、洋装のどちらかを決める
厳かな雰囲気のある和装も人気ですが、立ち回りに便利な洋装も増えてきています。どちらでも好みのスタイルでOK
子供が引き立つデザインを選ぶ

和装
淡い色味がおすすめ。カジュアルな小紋柄や季節にそぐわない柄(例えば桜など)は避けましょう。秋の柄には、紅葉や桔梗などがあります。ほか、蝶、松竹梅、扇子のような縁起物や市松模様や格子柄、有職文様、季節の草花がミックスされたものなど、通年で着られる文様もおすすめ。


洋装
ベージュ、淡いピンク、紺、グレー、黒といったベーシックなカラーのスーツやワンピースがおすすめ。ジャケットを羽織るとよりフォーマルな印象になります。パンツスーツでも問題ありません。

子供より格下、夫婦では格を合わせる

子供が和装
母親は着物やスーツ、ワンピース
父親はフォーマルスーツ、ビジネススーツ


子供が洋装
母親はスーツ、父親はビジネススーツ
母親はワンピース、父親はジャケットとスラックス

02 スタイルトピック七五三コーデジャケット & ワンピ

03 スタイルトピック七五三コーデセットアップスーツ

06 質問と回答トピックQ&A七五三マナー

Q1. 七五三はいつお祝いするの?
本来は11月15日です。ただ最近は混雑するピークの時期を外し、10月上旬から11月下旬にお参りをする方が増えています。この日でなければならない、という決まりはありません。同様の理由から、七五三の記念撮影を前もって行う“前撮り”も今では浸透しています。 CONTENTS MORE 七五三写真は前撮りで!
おしゃれスタジオ4選
Q2. 子供が何歳の時に祝う?
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いします。本来は数え年ですが、現在では満年齢(普段使用している数え方)で行う方が多いようです。どちらの数え方で行っても間違いではありません。
Q3. 父親の服装は?
父親はビジネススーツやジャケット&スラックスが主流です。夫婦で和服や礼服を着るのは、子どもが着物(正装)場合のみ。主役の子どもと同格になりバランスがとれた印象になります。また、主役以外は格下の服装でも良いでしょう。ただ、普段着やハーフパンツなどカジュアルな格好は、祈祷などの厳かな場面で浮いてしまうため避けた方が無難です。
Q4. 七五三の当日何をする?
  1. 1子どものヘアメイクと着付け
  2. 2写真スタジオで記念撮影(前撮りをしている場合は省略)
  3. 3神社へ参拝。本殿で七五三の祈祷を受ける
  4. 4父方・母方の祖父母や親族を招いて会食
上記は一般的な流れですので、撮影や食事会が必須な訳ではありません。また、撮影と参拝の順序は逆になる場合もあります。 CONTENTS MORE 七五三の時期はいつ?
参拝のやり方や当日の流れ
Q5. 当日に必要な費用はいくら?
  • ・御初穂料(御祈祷料) / 5,000円~10,000円ほど 祈祷の際に神社に収めるお金です
  • ・衣装料 / 各自 購入以外にもレンタルや親戚に借りる場合もあります
  • ・写真撮影料 / 5,000円~8,000円 プリントする枚数で追加料金が必要になります
  • ・食事代 / 各自 予め予算がつきやすいコース料理を予約するのもおすすめです
CONTENTS MORE 七五三の費用は?
撮影から衣装レンタル代までシミュレーション
CONTENTS MORE 七五三の初穂料とは?
名前の書き方、包み方、渡し方
Q6. マタニティママの場合はどんな服装がおすすめ?
なにより母体を一番に考えた服装が良いでしょう。洋装は締め付け感も少なくおすすめです。特にマタニティ用に作られたセレモニースーツなら、素材やシルエットにも配慮されたデザインのため、安心して着用できます。また、パンプスはヒールのないものを選びましょう。 MORE / MATERNITY SUIT
Q7. パンツスーツは七五三の服装としてマナー違反?
パンツスーツは露出も少なく、きれいめな服装であるという点で、神社という場にもふさわしい服装といえます。また、小さなお子さんを連れた行事では動きやすく便利です。七五三は公的な式典ではないため、厳格な服装マナーはありません。過度の露出や派手な色柄でなければ基本的には問題ありません。 MORE / PANTS SUIT

最新スーツはこちら!

ALL / CEREMONY SUIT