営業時間
10:00~18:00(日曜定休)

日曜及び臨時休業中のお問い合わせは、翌営業日のご回答となります。

利用規約

本利用規約(以下、「本規約」といいます。)には、レンタルサービスの提供条件及び当社と利用者との間の権利義務関係が定められています。レンタルサービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1章(通則)

第1条(適用)

本規約における定義は以下のとおりです。

  1. 1.本規約は、レンタルサービスの提供条件及びレンタルサービスの利用に関する当社と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当社との間のレンタルサービスの利用に関わる契約関係その他一切の関係に適用されます。
  2. 2.当社が別途当社アプリ・サイト上で掲載するレンタルサービスの提供条件及び利用に関するルール並びに「個人情報保護方針」及び「サイトプライバシーポリシー」は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 3.本規約の内容と、前項の内容とが相違する場合は、本規約が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとする。

  1. (1)「当社」とは、【株式会社トレジャー・ファクトリー】のことをいいます。
  2. (2)「当社アプリ・サイト」とは、当社が開設・運営する下記表中のアプリ・サイトのことをいいます。
アプリ/サイト名 アプリ/サイトURL
Cariruアプリ -
Cariruサイト https://www.cariru.jp/
  1. (3)「レンタルサービス」とは、当社が開設・運営する前号のアプリ・サイトを通じて提供する、各種ブランドバック、ドレス、アクセサリー等のファッションアイテムの貸出サービス及び特典会員サービス等のこれに付随関連する一切のサービスのことをいいます。
  2. (4)「レンタル商品」とは、当社が利用者に対し貸し出す各種ブランドバック、ドレス及びアクセサリー等のファッションアイテムのことをいいます。
  3. (5)「レンタル」とは、当社が利用者に対しレンタル商品を貸し出すことをいいます。
  4. (6)「レンタル契約」とは、利用者がレンタルサービスを利用するにあたり、当社と利用者との間で締結される、レンタル商品のレンタル契約(賃貸借契約)のことをいいます。
  5. (7)「レンタル期間」とは、レンタル契約に基づくレンタル開始日からレンタル終了日までのことをいいます。
  6. (8)「利用者」とは、本規約に同意の上、レンタルサービスを利用する方のことをいいます。
  7. (9)「特典会員」とは、第3章の規定に基づき、特典会員の登録をされた方のことをいいます。

第3条(利用制限)

利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合、レンタルサービスの利用ができないものとします。

  1. (1)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人(以下、「制限行為能力者」といいます。)のいずれかであり、親権者等法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
  2. (2)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下、同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
  3. (3)過去当社との契約に違反した者(本規約で定める禁止行為に抵触した又はそのおそれがあると当社が判断した者、本規約で定める利用停止事由に該当した又はそのおそれがあると当社が判断した者を含む。)又はその関係者であると当社が判断した場合
  4. (4)安定した収入がない場合(ただし、利用者の配偶者に安定した収入がある場合を除く。)
  5. (5)有効な電子メールアドレス及びインターネットに必要な設備を所有していない場合
  6. (6)日本在住でない場合
  7. (7)日本国内において、当社がレンタルサービスを行っていない地域に居住している場合
  8. (8)その他、当社が適当でないと判断した場合

第4条(禁止事項)

利用者は、レンタルサービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為を行ってはならないものとします。万が一これに違反して当社又は第三者に損害が生じた場合、利用者は、その損害の全てを賠償する責任を負うものとします。

  1. (1)レンタル商品の転貸、使用貸借、譲渡、質権その他の担保権の設定等の行為
  2. (2)当社がレンタル商品に取り付けているタグを取り外す行為
  3. (3)本規約(当社アプリ・サイト上で掲載するレンタルサービス利用に関するルールも含む。)に違反する行為
  4. (4)法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
  5. (5)当社に対する詐欺又は脅迫行為
  6. (6)公序良俗に反する行為
  7. (7)当社の知的財産権、その他の権利又は利益を侵害する行為
  8. (8)当社に不利益、損害、迷惑を与える行為
  9. (9)レンタルサービスを通じ、以下に該当し、又は該当すると当社が判断する情報を当社に送信すること
    • ・過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報
    • ・反社会的な表現を含む情報
    • ・当社の信用を毀損する表現を含む情報
    • ・コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを含む情報
  10. (10)レンタルサービスのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為
  11. (11)当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為
  12. (12)当社のネットワーク又はシステム等への不正アクセス
  13. (13)第三者に成りすます行為
  14. (14)レンタルサービスの運営を妨害する又はそのおそれのある行為
  15. (15)反社会的勢力等への利益供与
  16. (16)前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
  17. (17)前各号の行為を試みること
  18. (18)その他、当社が不適切と判断する行為

第5条(利用停止)

  1. 1.レンタルサービス利用中又は利用後に、利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合、当該利用者については、レンタルサービスの利用を停止します。なお、この場合に、当社と利用者との間に次章に定めるレンタル契約が成立していた場合は、当社はその解除もします。
    1. (1)レンタルサービス利用時の申込内容に虚偽の記載があり、又は当社に提出した本人確認書類に虚偽が含まれていた場合
    2. (2)レンタル商品を故意に毀損又は汚染した場合
    3. (3)サービス利用料の支払遅延若しくは不払いがあった又はレンタル商品の返却遅延があった場合
    4. (4)当社に対し、営業妨害と判断される言動、行為を行った場合
    5. (5)ご登録いただいているクレジットカードが無効又は決済不可能となった場合
    6. (6)レンタルサービス利用申込時に提供された連絡先に当社から連絡を行っても、利用者に連絡がとれなくなった場合
    7. (7)本規約第3条に該当することが判明した場合
    8. (8)本規約第4条の禁止行為又はそれに準ずる行為があった場合
    9. (9)その他、当社が利用者として不適当と判断した場合
  2. 2.利用者は、当社が行う前項の利用停止措置に対し、一切の異議を申立てることはできないものとし、当該措置について当社は一切の責任を負いません。

第6条(レンタルサービスの提供停止又は中断)

当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、利用者に事前に通知することなく、レンタルサービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。また、当該停止等により、利用者又は第三者に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負いません。

  1. (1)レンタルサービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的に、又は緊急に行う場合
  2. (2)コンピューター、通信回路等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等によりレンタルサービスの運営ができなくなった場合
  3. (3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変等その他の不可抗力により、レンタルサービスの運営ができなくなった場合
  4. (4)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

第7条(レンタルサービスの内容の変更、終了)

当社は、やむを得ない場合、レンタルサービスの提供を終了することができるものとします。なお、その際、当社は、利用者が被ったいかなる損害に対しても、その理由を問わず一切の責任を負いません。この場合、レンタルサービス利用中の利用者は、レンタル商品を速やかに当社に返却し、当該時点までのサービス利用料を支払うものとします。

第8条(権利帰属)

レンタルサービスに関する知的財産権は、全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、また、本規約に基づくレンタルサービスの利用許諾は、当該知的財産権の使用を許諾するものではありません。

第9条(保証の否認及び免責)

  1. 1.当社は、レンタルサービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・内容・正確性・最新性・有用性・信頼性・適法性を有すること、及び第三者の権利を侵害しないことについて、明示又は黙示を問わず、本規約において何ら保証するものではありません。
  2. 2.当社は、利用者が当社アプリ・サイト及びレンタルサービスを利用できなかったことにより発生した損害について、一切の責任を負いません。
  3. 3.当社アプリ・サイトから他のサイト等へのリンク又は他のサイト等から当社アプリ・サイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社アプリ・サイト以外のアプリ・サイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負いません。
  4. 4.コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報の送受信が行われたことに基づく利用者の損害について、当社は一切の責任を負いません。

第10条(秘密保持)

利用者は、レンタルサービスに関連して当社が利用者に対して秘密に取扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取扱うものとします。

第11条(本規約の変更)

  1. 1.当社は、以下の各号いずれかに該当する場合に、本規約を変更することができるものとします。
    1. (1)本規約の変更が、利用者の一般の利益に適合するとき。
    2. (2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
  2. 2.当社は前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1か月前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を当社アプリ・サイト上に掲載し、又は利用者に電子メールで通知します。
  3. 3.変更後の本規約の効力発生日以降に利用者がレンタルサービスを利用したときは、利用者は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第12条(当社からの連絡及び通知)

  1. 1.当社が利用者に対して通知をする場合その他当社が利用者に対して何らかの連絡等をする場合、電子メール又は電話等当社が適当と判断する方法によって行うものとし、必ずしも利用者が要求する方法によらないものとします。
  2. 2.当社が利用者に対して電子メール又は書面によって連絡等をする場合、当社が利用者の登録電子メールアドレス又は住所に電子メール又は書面を発信した時点で、当社の利用者に対する連絡等は到達したものとみなします。利用者の電子メール又は書面の不受信、未受領、未開封、自動削除、受取拒否等により生じた利用者の不利益等については、全て利用者の責任とし、当社は一切の責任を負いません。

第13条(契約上の地位の譲渡等)

  1. 1.利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、レンタルサービスに係る契約上の地位又は本規約に基づく権利義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 2.当社は、レンタルサービスに係る事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、レンタルサービスに係る契約上の地位、本規約に基づく権利義務及び利用者(又は特典会員)に関する一切の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者(又は特典会員)は、係る譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第14条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの条項及び一部が無効又は執行不能と判断された条項の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第15条(遅延損害金)

利用者が本規約に基づく金銭の支払いを遅延した場合には、当該利用者は、当社に対し、当該金銭の額に年14.6%の割合に乗じた遅延損害金を別途支払うものとします。

第16条(準拠法及び管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、その訴額に応じ東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第2章(レンタルサービス)

第17条(レンタルサービス)

当社は、本約款の定めに従い、利用者に対し、レンタル商品をレンタルします。これに対し、利用者は、その対価としてレンタル期間に応じたレンタル料金(送料別途)を支払うことで、当社からレンタル商品のレンタルを受けることができます。

第18条(レンタル契約の成立)

  1. 1.利用者が当社に対し、次条の定めに従いレンタルの注文を行った時点でレンタル契約が成立したものとみなします。なお、レンタル契約成立後、やむを得ない事由がある場合に限り、当社は、レンタル契約の内容を一部変更し、利用者指定のレンタル商品を同型同種の別のレンタル商品に差し替えることができるものとし、利用者はこれに異議を述べないものとします。

第19条(レンタルの発注)

  1. 1.利用者は、当社が別途当社アプリ・サイト上で定める方法に従い、レンタルの注文を行うものとします。なお、一定の場合、これに加え、利用者は、当社に対し、本人確認書類(当該書類は、当社が別途当社アプリ・サイト上で定めた書類に限るものとします)を提出し、その後、当社の審査を受けるものとします。
  2. 2.レンタルの注文の際に、当社に通知した利用者の情報(住所・氏名等)その他一切の情報に変更があった場合、別途当社アプリ・サイト上で定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第20条(レンタル料金等の支払い)

レンタル料金等の支払いに関しては、別途当社アプリ・サイト上で定める方法に限るものとします。

第21条(レンタル商品のご使用上の注意事項)

利用者は、レンタル期間中、別途当社アプリ・サイト上で定める注意事項を遵守した上で、レンタル商品を使用するものとします。

第22条(レンタル商品の返品・交換)

レンタル商品の返品・交換等は、別途当社アプリ・サイト上(https://www.cariru.jp/other/indi/)で定めるとおりとし、当社はレンタル商品の契約不適合に関しこれ以外の責任を負わないものとします。

第23条(商品の返却・延滞及び法的措置)

  1. 1.利用者は、当社に対し、レンタル終了日の返却指定時刻(当該時刻は、別途当社アプリ・サイト上に定める時刻とします)までに、別途当社アプリ・サイト上で定める方法(https://www.cariru.jp/service/use_flow/)により、レンタル商品の返却手続を行うものとします。 なお、返却にあたり、当社がレンタル商品発送の際に同梱した当社指定伝票以外を使用してレンタル商品を返送した場合、その場合の送料を利用者負担といたします。
  2. 2.不可抗力その他利用者の責めに帰すべからざる特段の事情があると当社が認める場合を除いて、当社がレンタル商品を受領した日がレンタル終了日の翌日(北海道、中国、四国、九州地域については翌々日)を過ぎた場合、当社は、利用者に対し、延滞日数に応じて、次に定める算出方法により算出された延滞料を請求するものとします。
    【1日当たりの延滞料】
    商品1個につき、当社が定める1日当たりの基本レンタル料金(レンタル料金をレンタル期間で除して算出した1日当たりのレンタル料金をいいます。)に1.1を乗じた額
  3. 3. 利用者は、当社に対し、あらかじめ通知することによって、レンタル期間途中でもレンタル商品を返却できますが、当社は、利用者に対し、レンタル期間途中の返却を理由とするレンタル料金等の返金を要しないものとします。

第24条(レンタル後のレンタル商品の破損・汚損、紛失・盗難)

  1. 1.事由の如何にかかわらず、レンタル後のレンタル商品を破損・汚損(本規約に定める禁止行為のひとつのタグの取外しも含む)、紛失した場合又は盗難された場合の取扱いに関しては、次の各号の定めるとおりとします。なお、この場合の修復可能・不可能の判断は、別途当社アプリ・サイト上で定める「修復可能/不可能の判断基準(目安)(https://www.cariru.jp/service/plan/)」を目安として、当社が判断するものとします。
    1. (1)修復可能な破損・汚損
      これにより、レンタル商品の一部が滅失等し、レンタル期間中にもかかわらず、利用者がレンタル商品を使用することができなくなった場合においても、当社は、利用者に対し、レンタル料金等の返金を要しないものとします。また、この場合、当社は、利用者に対し、レンタル料金等とは別に、修理費用又はクリーニング費用を請求いたします。なお、修理手配は、当社からメーカー直営店又は修理専門店へ依頼するものとし、利用者による修理及びその手配等一切行ってはならないものとします。
    2. (2)修理不可能な破損・汚損
      これにより、レンタル商品の一部が滅失等し、レンタル期間中にもかかわらず、利用者がレンタル商品を使用することができなくなった場合においても、当社は、利用者に対し、レンタル料金等の返金を要しないものとします。また、この場合、当社は、利用者に対し、レンタル料金等とは別に、別途当社アプリ・サイト上で定める「Cariru賠償基準(破損・汚損の場合)(https://www.cariru.jp/service/plan/)」に基づき、算出された賠償金額を請求いたします。
    3. (3)紛失・盗難
      これにより、レンタル商品の全部が滅失等し、レンタル期間中にもかかわらず、利用者がレンタル商品を使用することができなくなった場合においても、当社は、利用者に対し、レンタル料金等の返金を要しないものとします。また、この場合、当社は、利用者に対し、レンタル料金等とは別に、別途当社アプリ・サイト上で定める「Cariru賠償基準(盗難・紛失の場合)(https://www.cariru.jp/service/plan/)」に基づき、算出された賠償金額を請求いたします。 なお、利用者は、直ちに所轄の警察署に被害届を提出し、当社にその旨連絡するものとします。

第25条(レンタル商品発送前の利用者からのレンタル契約のキャンセル)

  1. 1.利用者は、別途当社アプリ・サイト上で定める方法(https://www.cariru.jp/faq/)に従い、レンタル契約をキャンセルすることができます(ただし、当社がレンタル商品を発送した後は、キャンセル不可)。なお、その場合、下記のとおり、キャンセル料が発生する場合があります。
    1. (1)別途当社アプリ・サイト上で定める期日前(https://www.cariru.jp/service/payment/)
      キャンセル料なし
    2. (2)別途当社アプリ・サイト上で定める期日後(https://www.cariru.jp/service/payment/)
      別途当社アプリ・サイト上で定めるキャンセル料(https://www.cariru.jp/service/payment/)発生

第26条(当社からのレンタル契約の解除)

  1. 1.当社は、レンタル商品発送前に別途当社アプリ・サイト上で定める事由(https://mainte.cariru.jp/service/delivery/)のいずれかが発生した場合、レンタル契約を解除できるものとします。なお、この場合、当社は、利用者に対し、レンタル料金等を返金するものとし、これ以外の責任を負わないものとます(ただし、返金方法は当社指定の方法によるものとし、利用者は当該方法に異議を述べないものとします)。
  2. 2.前項のほか、利用者が以下の各号のいずれかに該当した場合も、当社はレンタル契約を解除できるものとします。なお、この場合、当社は、利用者に対し、レンタル料金等の返金を要しないものとし、利用者は、当社に対し、未履行部分に係る債務及び当社に対する損害賠償債務を履行しなければなりません。
    1. (1)利用停止処分を受けた場合
    2. (2)死亡又は失踪の宣告を受けた場合
    3. (3)保全処分、強制執行、競売の申立、破産手続開始の申立、民事再生手続開始の申立があったとき
    4. (4)租税公課の滞納処分を受けた場合
    5. (5)財産の状態が悪化し又は悪化するおそれがあると認められる相当の事由がある場合
    6. (6)信用上重大な変化があった場合
    7. (7)本規約に違反する行為をした場合
    8. (8)利用者が本規約で定める利用制限に該当する場合やその他当社が不適当と判断した場合
  3. 3.本条第1項及び第2項において当社がレンタル契約を解除する場合、当社は利用者に生じた損害については一切の責任を負いません。

第27条(レンタル商品の発送先の指定)

レンタル契約成立後の当社から利用者へのレンタル商品の発送先については、利用者の指定する場所(ただし、本人確認書類の審査を要する場合は、利用者の住所に限るものとする)とします。

第28条(責任及び義務)

当社の利用者に対するレンタル契約に係る責任及び義務は、レンタル商品の発送をもって遂行されたものとし、何らかの事由により利用者がレンタル商品を受領しなかった又は受領できなかった場合、若しくは受領が遅れた場合であっても、当社は責任を負わないものとします。

第3章(特典会員)

第29条(特典会員登録・退会及び特典内容)

  1. 1.特典会員の登録・退会申請は、当社アプリ・サイト上から行うものとします。なお、特典会員の登録申請があっても、当社は、当社基準(本規約に定める利用制限に該当する場合等)に従い、特典会員登録を拒否する場合があります。
  2. 2.特典会員の特典内容は、別途当社アプリ・サイト上で定める(https://www.cariru.jp/service/point/)とおりとします。なお、特典会員の特典内容の一つである「ポイント」は、特典会員の退会、本規約に定める利用停止処分を受けた場合または当社アプリ・サイトの閉鎖及びレンタルサービスの提供終了等の事由が発生した場合、失効するものとします。

第30条(登録事項の変更)

特典会員は、登録事項に変更があった場合、別途当社アプリ・サイト上で定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第31条(ID・PASSの管理)

  1. 1.特典会員は、自己の責任において、ID・パスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。なお、ID・パスワードは、特典会員1名につき1つとし、1人で複数のID・パスワードを登録・保有することはできません。
  2. 2.ID・パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は、特典会員が負うものとします。

第32条(特典会員情報の取扱い)

当社による特典会員情報の取扱いについては、当社が別途当社アプリ・サイト上で掲載する「個人情報保護方針」、「サイトプライバシーポリシー」の定めによるものとし、特典会員は、これらに従って当社が特典会員情報を取扱うことについてあらかじめ同意したものとします。

(制定・改訂履歴)

2008年4月1日制定
2009年3月18日改訂
2009年7月1日改訂
2009年9月3日改訂
2009年12月1日改訂
2010年10月1日改訂
2011年12月1日改訂
2012年8月21日改訂
2012年12月25日改訂
2016年3月1日改訂
2017年2月1日改訂
2018年2月6日改訂
2019年7月22日改訂
2020年3月31日改訂

ページトップへ