2016.10/14 UP

ブライズメイドで華やかな演出に♪結婚式の新定番

結婚式の新定番として注目を集めているブライズメイド。名前は聞いたことあるけど、実際はどんな役割があるのか、どんなドレスを選べば良いかもイマイチわからない方も多いはず。

こちらではブライズメイドの基本についてご紹介していきます。

ブライズメイドで華やかな演出に♪結婚式の新定番

ブライズメイドとは?

まずはブライズメイドとは何なのか、気になっている方も多いでしょう。

ブライズメイドとは2~5名くらいの女性が花嫁の付添人、立会人として結婚式の花嫁の傍に立つ人をいいます。

一般的に花嫁の友達・姉妹・親戚など、花嫁と近しい立場の女性が務めることになり、バージンロードでは花嫁よりも先に入場し花嫁の身の回りのお世話や進行のサポート役をします。海外では人数が多いほど挙式のステータスが高いとされています。

ブライズメイドのメリット

ブライズメイドは主に少人数のアットホームな挙式・披露宴で行うことが多いのですが、少人数での結婚式ではどうしても地味な印象になってしまいがちです。

そこに数名でお揃いのドレスをまとったブライズメイドが現れることで、その結婚式が一気に華やかになり、参列者にとっても印象に残るステキな式になります。

小さな子供がバージンロードで花びらを撒くフラワーガール、リングピローを持って結婚指輪を花婿に渡すリングボーイ(リングガール)と同じように、挙式の演出のひとつと考えても良いでしょう。

また、緊張と不安でいっぱいの花嫁にとって、仲の良い友人たちが側にいてくれることは、何よりも心強い味方となってくれます。参列するブライズメイドにとっても思い出に残る式となり、花嫁との絆も強くなります。

ブライズメイドの役割

ブライズメイドのなかでも一番親しい女性がリーダー的な役割を務め、メイド・オブ・オナーと呼ばれます。ウェディングドレスの裾をなおしたり、指輪の交換時にグローブとブーケを預かったりします。

ブライズメイドの主な役割は、バージンロード入場の他にも、証人として挙式に参加をする、フラワーシャワーを配る、ゲストを会場へ案内するなどがあります。結婚式の当日だけでなく準備段階から関わり、段取りの打合せに参加をしたり、前祝のパーティイベント「ブライダルシャワー」の企画をすることもあります。

ヨーロッパと日本のブライズメイドの違い

ブライズメイドといって一番に思い浮かべるのが、お揃いの衣装と花嫁より小振りなブーケを持っていることではないでしょうか。

日本の場合は、花嫁の身の回りのお世話をしなくても、友人同士でドレスやカラーを揃える、というスタイルだけを取り入れる方も多いようです。

芸能人が海外挙式で取り入れたことから火が付き、当初はハワイやグアムなどの海外挙式で取り入れられていましたが、今では日本の挙式でも定着しつつあります。

ブライズメイドのドレスの選び方

ブライズメイドのドレスで注意したい点は色です。

ブライズメイドは数人で同じカラーのドレスを着ることが多く、ブラックやネイビーなどの暗い色をセレクトしてしまうと、会場の雰囲気を重くしてしまいます。ただ、もし新郎新婦側がシックな大人っぽい式をテーマにしたいのなら、それもまたよしとなります。

色違いのカラフルドレスでにぎやかにするか、同じカラーで統一感を出すかは、新郎新婦が希望する式のイメージが基準に。厳粛なマナーはないので、ゲストドレスで一般的にNGとされているベージュ系のドレスですら、花嫁次第ではOKなのです。大事なポイントは花嫁が望むかどうか、のみです。

ブライズメイドの発祥が、花嫁を守るために悪魔の目を紛らわすことにあり、ドレスのデザインはウェディングドレスに似たノースリーブやベアトップタイプが多いようです。その流れから、結婚式のゲストドレスでは本来NGな肩見せやダウンスタイルの髪型、生花の花冠なども、ブライズメイドでは取り入れられています。

ドレスは必ずお揃いである必要はありません。色だけ同じで別々のデザイン、同じドレスでもロングドレス、ミディ丈ドレスのようなバリエーション違いなど、統一感をだすポイントを決めればOKです。アレンジの効く2wayタイプのドレスなら、袖の有無など各自で好みのスタイルに仕上げることができます。

靴や小物のカラーを指定にして、アッシャー(ブライズメイドの男性版)のネクタイやチーフと揃えても素敵ですね。

ブライズメイドのお礼や費用負担はどうする?

「ブライズメイドドレス、誰がどうやって選ぶの?」と疑問や不安も多いと思います。

まず、ブライズメイドは花嫁側から友人に依頼があることが一般的です。ゲストに招待状を送るタイミングで、ブライズメイドになってほしいというメッセージカードとお礼の意味を込めてブライズメイドギフトを贈ります。ギフトにはネイルや入浴剤、小物入れなどちょっとした雑貨や、式当日に使えるフラワーリストレット、ネックレスなどのお揃いで身に着けるアクセサリーが人気です。

何をプレゼントするか、どんな箱に入れるかなど、自分で飾りつけやラッピングをする楽しさもありますね。

一方、ドレスはカラーだけの指定なのか、デザインだけの指定なのか、このドレスといった指定があるのかをはっきりさせておく必要があります。花嫁側の依頼であれば、ドレス代は花嫁側の負担。もしくは、ドレスはゲストが各自で負担する代わりにお祝いの受取を辞退するなどの配慮が必要です。

友人側からドレスを揃える演出をしたい、と申し出る場合は友人が各自の負担でドレスを準備します。その場合も花嫁にカラーの相談はした方が良いでしょう。

費用負担をどちらにするかに明確な決まりはありませんが、暗黙の了解ではなく、事前にはっきりさせておくとトラブルの心配もありません。

安く素敵なブライズメイドドレスはレンタルで♪

ブライズメイドドレスは、できるだけ費用を抑えた素敵なドレスを選びたいですよね。

そこでおすすめなのがレンタルドレス。ブライズメイドドレスを別の式で着る機会はなかなかないため、お店や通販で購入するよりも衣装代のかからないレンタルはとってもお得です。急ぎで必要になった時も、沢山の商品画像からカラーやデザインを検索することができます。

レンタルドレスショップCariru(カリル)では、ドレス代が2着セットで9,800円(1着4,900円)、3着セットで13,800円(1着4,600円)、4着セットでは17,800円(1着4,450円)ととってもお得。写真映えもばっちりなカラードレスが揃っています。



いかがでしょうか。ブライズメイドはオリジナルな演出に欠かせないだけでなく、緊張する新婦の心強い味方として側にいることも、大切な仕事です。親友に囲まれ、一緒に作り上げる結婚式は、きっと素晴らしいものになりますね。

ライタープロフィール

MeeNa
MeeNa

美容・ファッション系ライターをしています。結婚式でのファッションやヘアアレンジなどワンランク上の自分らしさを演出するスタイルを提案します♥

About Cariru
カリルとは

カリルイメージ画像

Cariru(カリル)は、来店不要で24時間いつでもどこでも素敵なドレスに出会えるレンタルドレスのWEBショップ。

携帯、パソコンから簡単予約♪全国(沖縄・離島除く)配送OK。ご自宅以外のホテル会場へのお届けもOK。ご予約は2か月前より承ります。

ドレス以外にも羽織物、アクセサリー、シューズなど業界NO,1を誇る豊富な品揃え。サイズ等、ご心配な方はお電話・メールにてお気軽にご相談くださいませ。女性スタッフがご対応いたします。

特別な日だからこそ、ちょっと自分探しの冒険してみませんか?あなただけのコーデがきっと見つかります。ご来店お待ちしております。

Cariru店長:池田

> Cariru サイトへ
PAGE TOP