フォトウェディングとは?メリットや費用を徹底調査【参考イメージ付き】

フォトウェディングとは?メリットや費用を徹底調査【参考イメージ付き】

結婚式や挙式をなかなか挙げることができない昨今。気軽に行うことができる『フォトウェディング』が話題です。今回は、そもそも『フォトウェディング』とは何なのか? そのメリットやデメリット、そして気になる費用やフォトウェディングの流れについて徹底調査しました!

目次

そもそもフォトウェディングとは?

今話題の『フォトウェディング』とは、結婚式や披露宴を行わずに写真撮影だけを行う結婚式スタイルのこと。「写真だけの結婚式」と呼ばれることもあります。

式場やスタジオはもちろん、思い出の場所、お好みのロケーションで、思い出に残る個性豊かな写真を残せるのが大きな魅力です。

また、新郎新婦だけでなく、家族や友人が参加できるフォトウェディングもあるので、お好みのスタイルを選ぶことが可能です。

実際に結婚式や披露宴を開催することが前提となる『前撮り』や『別撮り』とは異なり、写真だけで行うというのが大きな違い。結婚式よりも安価に済ませることができ、準備にも時間がかからないため、最近とても人気なんです。

・結婚式はしないけれど記念は残したい
・ウェディングドレスは着たいけれど経済的に難しい
・人前に出るのが恥ずかしい
・妊娠中で結婚式ができない
・再婚なので盛大な結婚式を挙げたくない
・海外などの特別な場所で行いたい
・結婚式をせずに数年〜数十年経ってしまったけれど、花嫁姿を残したい

このような方にぴったりな結婚式スタイルが、この『フォトウェディング』です。

フォトウェディングの魅力やメリットは?

フォトウェディングの魅力やメリットは?

ここからは、フォトウェディングの魅力やメリットについてご紹介していきます。

1.結婚式と比べお金がかからない

まずフォトウェディングの最も大きなメリットは、結婚式に比べてお金がかからないこと。ケースにもよりますが、スタジオ撮影なら3〜15万円、ロケーション撮影なら10〜20万円程度で済ませることができます。

2.憧れの式場や好みのロケーションで理想的な写真を撮ることができる

式を挙げるには多額の費用が必要になってしまう式場や、人気で予約が取りづらい式場もありますよね。フォトウェディングの場合、こういったなかなか手の届かない憧れの式場や好みのロケーションを使用することができます。費用を抑えた上で、憧れの場所で写真を撮ることができるため、満足度が高いのも魅力のひとつです。

3.旅行を兼ねて撮影ができる

観光地や思い出の地でフォトウェディングを行いたい場合は、旅行を兼ねてフォトウェディング撮影ができるのもメリットのひとつ。新婚旅行のタイミングでフォトウェディングを行うのもおすすめです。

4.時期や天候に左右されず撮影ができる

ゲストや家族・親族の都合に合わせる必要がないため、時期に左右されることがありません。さらにスタジオ撮影や式場撮影の場合は天候に左右されることもないため、安心して撮影に励むことができます。

5.準備が楽で時間がかからない

結婚式の場合、多数のゲストを呼んだり、進行や演出などの様々な決定事項があるため、準備時間を半年〜1年ほど要する場合も。

フォトウェディングは、大掛かりで時間のかかる準備作業が必要ないのも大きな魅力です。忙しい毎日の中で、睡眠時間を削って準備をしなくても大丈夫!

フォトウェディングの注意点やデメリットは?

フォトウェディングの注意点やデメリットは?

良いことばかりに見えるフォトウェディングですが、もちろんデメリットもあります。フォトウェディングのデメリットと、注意しておくべきポイントについてご紹介します。

1.挙式中や披露宴中のような自然体の写真は残しづらい

フォトウェディングはあくまで撮影で、挙式や披露宴を行うものではないので、式や披露宴中の自然な姿を撮影することができません。もちろんカメラマンによってはできるだけ自然体に近い写真を撮ってくれる方もいますので、自然体な写真を希望される場合は、カメラマンに事前にリクエストしておきましょう。

2.撮影中の視線が気になることも

ロケーション撮影の場合、一般の方の視線が気になってしまうことも。ウェディングドレスや和装の場合はどうしても目立ってしまうので、他者からの視線に慣れておくか、心の準備が必要です。

3.追加料金がかかる場合も

撮影する写真の枚数、衣装やアクセサリーのグレードによっては、追加料金が発生する場合もあります。また、衣装持ち込みの場合は持ち込み料がかかる場合も。契約するプランの内容は事前によく把握しておきましょう。

他にも、「データの買取は別料金」と言ったプランもあるため、契約したいプランにどのサービスが含まれているのかをあらかじめ確認しておき、お気に入りの写真が多かった場合など少し追加になってしまっても良いように、やや多めに予算を確保しておくのがおすすめです。

4.思い通りに仕上がらなかったケースも

前撮りや別撮りでも言えることですが、カメラマンとの相性はどうしてもあるもの。出来上がった写真が「思った通りのものではなかった」というケースが発生することがあります。

できる限り理想に近い写真に仕上げるには以下の2つのポイントを守るようにしましょう!

・依頼先を決める前に撮りたいイメージを固めておく
・ウェブサイトやSNSで写真のテイストを事前に確認しておく

結婚式や披露宴よりは準備に時間がかからないフォトウェディング。とは言え、満足感の高い仕上がりにしたいなら、できるだけしっかりと準備や下調べを行うのが吉! ふたりの理想のテイストや世界観を、予約前にふたりで共有しておくこと、依頼先へしっかり伝えることが肝心です。

フォトウェディングの費用はどれくらい?

フォトウェディングの費用はどれくらい?

フォトウェディングにかかる費用は、規模や地域によっても異なりますが、スタジオ撮影なら3〜15万円程度、ロケーション撮影なら10〜20万円程度かかります。

節約したい場合は、衣装を自分で用意するなどの工夫で削減することができますが、別途持ち込み料がかかる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

いずれにせよ、挙式や披露宴を挙げるよりも大幅な節約が見込めるので、お得感が強いですね。参考までに、スタジオ撮影とロケーション撮影の料金に含まれるサービスを見てみましょう。

スタジオ撮影(3〜15万円程度)の場合

・撮影代
・衣装/小物代(1着分)
・着付け/ヘアメイク代
・撮影データ数カット&台紙 or アルバム代

スタジオ撮影の場合、オプションで大きく値段が変わるのは、衣装や小物代、カット数やアルバムのページ数などです。

ロケーション撮影(10〜20万円程度)の場合

・撮影代
・衣装/小物代
・着付け/ヘアメイク代
・撮影データ数カット&台紙 or アルバム代

ロケーション撮影の場合、スタジオ撮影と同様で衣装や小物代、カット数やアルバムのページ数などのオプション価格の他に、撮影場所・着替え場所への移動費などがかかる場合があります。

※いずれも参考となる内訳ですので、実際の料金はそれぞれの依頼先へ確認をとるようにしましょう。

フォトウェディングに人気のロケーション

フォトウェディングに人気のロケーション

フォトウェディングで人気のロケーションは、海や思い出の場所、チャペルや式場など。ほかにも、小旅行や新婚旅行もかねて、京都などの観光地で撮影される方も多いようです。

海のフォトウェディングイメージ

国内であれば沖縄、海外であればハワイやグアムなどが人気!

海のフォトウェディング1

海のフォトウェディング2

海のフォトウェディング3

思い出の場所のフォトウェディングイメージ

カップルの思い出の場所。出会った場所や初デートの場所、プロポーズした場所などを選ぶ方が多いようです。

思い出の場所でフォトウェディング1

思い出の場所でフォトウェディング2

思い出の場所でフォトウェディング3

チャペル・式場のフォトウェディングイメージ

美しいチャペルや式場での撮影も定番人気。

チャペル・式場のフォトウェディング1

チャペル・式場のフォトウェディング2

チャペル・式場のフォトウェディング3

観光地のフォトウェディングイメージ

旅行もかねて観光地で撮影する方も。京都の神社や日本庭園は人気です。

観光地でフォトウェディング1

観光地でフォトウェディング2

観光地でフォトウェディング3

フォトウェディングの流れ

フォトウェディングの流れ

実際にフォトウェディングを行う際の大まかな流れをご紹介します。

1:依頼先を選ぶ

フォトウェディングの撮影をお願いする式場や写真館、フォトウェディング会社を検討します。予算やロケーション、好みの雰囲気などをよく調べて、どこにお願いするか選びましょう。

また必要に応じて、それぞれに見積もりや仕上がりの相談を行います。衣装もセットになるケースが多いので、好みの衣装があるかどうかも事前にチェックしましょう。

2:予約・契約する

依頼先が決まったら、予約を行います。この時に、プランだけでなく、撮影の日時やロケーションを確定するケースが多いです。理想の場所や日時を決めて契約しましょう。

3:衣装を選ぶ

フォトウェディングで着る衣装を選びます。新郎・新婦の衣装をピックアップし、予約をします。またその際に、衣装に合った小物、髪型やメイクの雰囲気なども決めておきます。

4:撮影当日!

いよいよ撮影当日! ヘアメイクと着付けを行い撮影に入ります。衣装を複数用意している場合は、それぞれ着替えやメイク修正の時間がかかります。ロケーション撮影の場合は、着替えやメイクのために移動を伴うケースもあります。

撮影時間は衣装の数や撮影場所によりますが、短いものだと1時間程度、多い場合は半日以上かかるようです。

5:写真をセレクトする

撮影した写真の中から、気に入ったものをセレクトします。こちらの作業は撮影後にそのまま行うことが多いので、当日はほぼ丸一日かかると思っておいた方がいいでしょう。

6:完成・納品!

データでの納品やアルバムでの納品など形式は様々ですが、セレクトした写真を希望する形式にしてもらい、完成後、納品されます。

フォトウェディングを成功させるには

フォトウェディングを成功させるには

メリットたっぷりのフォトウェディング! 様々な事情の方にフィットする新しい結婚式の姿ですよね。

フォトウェディングを成功させるには、事前の準備が最も大切です。特に、撮影後に「こんなはずでは……」とガッカリしないために、パートナーとのイメージのすり合わせは必ず事前に行っておきましょう。イメージの共有ができていれば、どこにお願いするかが選びやすくなり、また依頼の際にもより具体的なリクエストができるはず。

今回の記事を参考に、素敵なフォトウェディングを楽しんでくださいね♪

HAPiCOおすすめのフォトウェディング会社

HAPiCOがおすすめするフォトウェディング会社をご紹介します!

『WATABE WEDDING』

WATABE WEDDING

『WATABE WEDDING』では、事前来店不要な1日完結フォトプランや、おしゃれなナイトロケーションプランなども充実。自宅にいながらオンラインで相談できる無料相談も行っており、タイミングによっては半額キャンペーンなどのお得なキャンペーンも開催されています!

WATABE WEDDINGはこちらから

 

『小さな結婚式』

小さな結婚式

『小さな結婚式』では、なんと19,000円(税抜き)〜と少額でフォトウェディングを行うことができます。少人数結婚式専門店だからこそ、挙式さながらのフォトウェディング撮影が可能。家族や友人が参加できるのも魅力。全国のスタジオで撮影可能なので、まずはお近くのスタジオに相談しましょう!

小さな結婚式はこちらから

 

『Hanayume』

『Hanayume』では、衣装やポーズをサイト内マイページ上でじっくりと決めることができます。衣装や小物、ヘアメイクなどがすべてプランに含まれるわかりやすい料金設定で、安心して契約できます。

Hanayumeはこちらから

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

イベントカテゴリの最新記事