6~9月の入学式におすすめの服装|ママスーツのレンタル

6~9月の入学式におすすめの服装|ママスーツのレンタル

2020年はコロナウイルスの影響で入学式が延期・中止になっているケースが増えているようです。
緊急事態宣言が明けた5月末から徐々に入学式を実施する学校が見られるようになってきましたが、先行きが不透明で9月に入学式を実施するというような情報も出てきています。

従来であれば4月入学式があたり前でしたが、2020年は気温が高い時期の入学式も増えてくるかと思いますので、服装マナーとあわせて6月、7月、8月、9月におすすめのセレモニースーツ・ワンピースやその他アイテムをご紹介させていただきます。

子供の式典にはセミフォーマルが基本

入学式のフォーマル度合いがピンとこない方もいるかもしれませんが、ドレスコードで言うと「セミフォーマル」となります。

セミフォーマルとは

セミフォーマルとは、準礼服のこと。結婚式に参列する際のゲストドレスや今回ご紹介するセレモニースーツがそれにあたります。

セミフォーマルの特徴は以下の通りです。

●アンサンブルスーツ(ツーピーススーツなら、色や素材の統一感のある組み合わせ)
●袖ありワンピース(もしくは肩を出さない着こなし)
●同色無地が基本だが、柄の場合は刺繍や織り柄
●光沢や透け感、ハリ感があるドレッシーな素材(サテンなど)
●膝丈より下のスカート丈

なんとなくイメージしていただけたでしょうか。
上記をチェック項目にすれば、おのずとNGな服装も見えてきますね。

▲NG例 ノースリーブ&花柄プリントワンピース
▲NG例 ノースリーブ&花柄プリントワンピース
▲OK例 ネイビーアンサンブル
▲OK例 ネイビーアンサンブル

例えばノースリーブのワンピースは、ジャケットを羽織る、麻素材やプリント柄はカジュアルとみなされるので避ける、などです。

入学式は子供の学校行事ですので、華やかなドレスではなくセレモニースーツをセレクトしましょう。

入学式におすすめのセレモニースーツ10選

green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

ダブルクロス生地なら暑い時期でも涼し気な印象を与えてくれます。ワンピースは2ピースのセットアップ風デザインですので、ジャケットを羽織らなくてもセレモニーに相応しいスタイルに仕上がります。当日の気温や天候、式典中・移動時などの場面に応じてジャケットスタイルとワンピーススタイルを切り替えることができるおすすめの一着です。

OPAQUE.CLIP(オペークドットクリップ)
OPAQUE.CLIP(オペークドットクリップ)

セレモニー定番のツイードを選ぶなら、サマーツイードがおすすめです。ウールを使用していないツイード生地ですので、夏にも安心してお召し頂けます。ワンピースはスリーブレスで腕回りもすっきりと、重ね着部分も少ないため暑さを軽減してくれます。夏のセレモニーに最適の一着です。

anatelier(アナトリエ)
anatelier(アナトリエ)

アナトリエのサマーセレモニースーツなら、すっきりとしたシルエットで暑苦しさゼロの印象に。ワンピースはお袖部分をレースにすることで重ね着を最小限に抑え、ジャケット無しでもセレモニーに相応しい優秀デザインです。シンプルなデザインですので、コサージュやバッグ・靴と合わせやすいのも嬉しいポイントです。

Reflect(リフレクト)
Reflect(リフレクト)

落ち着いた色味を選ぶなら、定番のネイビーがおすすめです。ネイビーとホワイトのツイード地にライトブルーの糸を織り込んだ、入園・入学に相応しい華やかさをプラスした一着。ワンピースは薄手のシフォン生地ですので、涼し気で軽やかな印象に。七分袖ですので、ジャケットを脱いでも安心です。

NOLLEY'S(ノーリーズ)
NOLLEY’S(ノーリーズ)

エアリーなサテンワンピースとサマーツイードの組み合わせで、夏でも軽やかにお召し頂ける、ノーリーズのセレモニースーツです。見た目も着心地も暑苦しさゼロの優秀デザイン。ふんわりと柔らかで優しい印象を与えてくれるナチュラルなスタイルが叶います。長めの丈感ですので、着席時も安心です。

SunaUna(スーナウーナ)
SunaUna(スーナウーナ)

スーナウーナのセレモニースタイルは、上下ダブルクロス生地を使用した、通気性の良いさらりとした着心地です。ワンピース一枚でもとても上品ですので、ジャケットを脱いだスタイルもおすすめ。暑さに応じたスタイルが叶う、優秀なセレモニースーツです。

NOLLEY'S(ノーリーズ)
NOLLEY’S(ノーリーズ)

カジュアルな校風であれば、ジャケットを羽織らないセットアップスタイルもおすすめです。サマーツイードを使用したノーリーズのセットアップなら、夏の入学式でも涼し気で華やかな印象に。汗ジミの心配がいらないのも嬉しいポイントです。上下同じ素材を使用したセットアップですのでマナーにおいても安心です。

Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス)
Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス)

デミルクスビームスのセットアップは、ブラウスの後ろがフレアになった、女性らしいこだわりのデザイン。ややしっかりめの生地感ですが、オフホワイトの明るいカラーに、細かなラメ糸を織り込んだファンシーツイードですので、軽やかでパッと明るい印象に仕上がります。ハレの日にピッタリな、華やかさのある一着です。

any FAM(エニィファム)
any FAM(エニィファム)

パンツスタイルも定番になった近年。カジュアルになりすぎないよう注意が必要です。セレモニースタイルに定評のあるエニファムなら、大人のパンツスタイルが叶います。インナーは同素材を使用した夏用のセットアップ、ジャケットはカラミツイードを使用しており、一般的なツイードよりも軽るい仕上がりです。

UNTITLED(アンタイトルド)
UNTITLED(アンタイトルド)

都会的なスタイリッシュなスタイルがお好きな方へは、アンタイトルのソフィアネオツイードのセットアップがおすすめです。サマーツイード地にストレッチを利かせたジャージー感、裏地を使用しない軽い着心地。夏のセレモニーにぴったりなパンツスタイルです。

セレモニースーツをもっと見る

入学式におすすめのワンピース7選

23区
23区

夏の入学式、カジュアルな校風であればジャケットを羽織らないワンピーススタイルがおすすめです。23区の美シルエットのジョーゼットワンピースなら、ネックレスとコサージュを合わせるだけで、パッと華やぐセレモニーワンピーススタイルが完成。

CELFORD(セルフォード)
CELFORD(セルフォード)

セルフォードのワンピースなら、きちんと感と華やかさのあるデザインですので、ワンピース一枚で着こなしたい方へおすすめです。シックなボウタイリボンにスカート部分の重ねプリーツでエレガントさをプラス。派手さを抑え華やかさを出した、気品ある上質なセレモニーワンピースです。

BOSCH(ボッシュ)
BOSCH(ボッシュ)

お袖のチューリップスリーブがポイント。ビーアビリティボッシュのセレモニーワンピースなら、一枚でもハレの日に相応しい華やかスタイルが完成します。動きに合わせて揺れる袖先とブルーの裏地を差し色に、夏のセレモニーを爽やかに彩ります。

自由区
自由区

セレモニースタイルに定評のある自由区なら、定番のフラワーオパールワンピースがおすすめです。スカート部分はネイビーのコントラストで魅せる花柄模様。ジュエリーのオパールのような、光に合わせて華やぐ上品デザインです。周りと差のつく一着です。

NATURAL BEAUTY(ナチュラルビューティー)
NATURAL BEAUTY(ナチュラルビューティー)

女性らしいデザインに定評のあるナチュラルビューティ。お袖のタックやAラインのデザインなど、女性らしいフェミニンなセレモニースタイルが叶います。さらりとした生地感ですので、汗でべたつかないのも嬉しいポイント。

DRESSTERIOR(ドレステリア)
DRESSTERIOR(ドレステリア)

ドレステリアのフルダルワンピースは4方向ストレッチにより着心地抜群。軽くて薄い素材を使用した、夏のセレモニーのためのワンピースです。ドライタッチな質感に加え、薄手なのに透けないという優秀素材。手持ちのジャケットとも合わせやすく、汗や暑さが心配な方へお勧めの一着です。

23区
23区

暑さ対策はしたいけどワンピース一枚ではラフすぎないかな?と心配な方へはこちら、23区のセンタータック入りワンピース。しっかりめの生地ですのできちんと感も◎派手さを抑えた上品デザインに、馴染みの良いオフホワイトカラーがハレの日に華やかさをプラスしてくれます。

セレモニーワンピースをもっと見る

バッグと靴はどう合わせる?

式典に着て行くスーツやセットアップには、かっちりした小物がおすすめ。黒のシンプルなパンプスとバッグがもっともフォーマルですが、ベージュ系でも問題ありません。靴はつま先やかかとが見えないものが基本。オープントゥやかかとのストラップは避けましょう。バッグも小さめの革バッグ、落ち着きのある上品なデザインを選ぶとスーツにしっくり合います。

コーディネートを考えるのが難しいという方は、バッグと靴(またはコサージュ)を同色で合わせると統一感も出やすいのでおすすめです。

夏の入学式におすすめのパンプス -ベージュ-

Aimer(エメ)
Aimer(エメ)

つま先とヒールの同色ラメが目を引く華やかなパンプス。細かいラメが暑い時期でも涼しげな印象を与えてくれます。6.5cmのヒールは安定感があるので普段ヒールを履かない方にも安心して履いていただけます。

Aimer(エメ)
Aimer(エメ)

サテン地をツイストさせたスタイリッシュなパンプス。どんな時期でも合わせることができる優秀な1足で、バックスタイルのヒールラメが華やかさもプラスしてくれます。

Vanitybeauty(バニティービューティー)
Vanitybeauty(バニティービューティー)

ドレープモチーフが上品な印象のパンプス。サマーツイード風で軽い足元に。アイボリーに近い色で肌馴染みも良くコーディネートしやすい1足です。

夏の入学式におすすめのパンプス -ブラック-

Aimer(エメ)
Aimer(エメ)

パイプオーナメントが上品なエメのパンプス。サイドオープンなのでほんのり肌みせで、夏らしい抜け感をつくることができます。窮屈感も軽減されるので長時間履いていても疲れにくい1足です。

Le Talon(ル タロン)
Le Talon(ル タロン)

3.5cmのチャンキーヒールが歩きやすさ抜群のパンプス。シアーレースデザインで、夏でも全体重たくならずコーディネートすることができます。

Le Talon(ル タロン)
Le Talon(ル タロン)

総レースのパンプスなら適度な透け感で軽さのあるコーディネートが叶います。花柄の刺繍レースでセレモニーらしい華やかさもプラスできる一足です。

パンプスをもっと見る

夏の入学式におすすめのバッグ -ベージュ-

明るいベージュ系のバッグはダーク系のスーツに合わせるだけでもパっと明るくなり印象が変わります。ベージュ系のスーツに合わせてもワントーンコーディネートでおしゃれでスタイリッシュに。置いたときにしっかり自立するバッグは、式の最中にバッグが倒れて荷物が出てしまう心配がなく安心です。ベージュのバッグは入学式以外にも学校の参観・面談にもおすすめです。

ROPE'(ロペ)
ROPE'(ロペ)
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
MARCO BIANCHINI(マルコビアンキーニ)
MARCO BIANCHINI(マルコビアンキーニ)

夏の入学式におすすめのバッグ -ブラック-

ブラックのバッグはどんなシーンにも合わせられる優秀なアイテムで、ダーク系のスーツに合わせるとシックな装いに、ベージュ系に合わせるとメリハリがつきコーディネートが引き締まります。汚れなども目立ちにくいのもブラックバッグならではのうれしいポイント。
ペットボトルも入る大きさなので暑い時期でも水分をすぐにとることができます。

MARCO BIANCHINI(マルコビアンキーニ)
MARCO BIANCHINI(マルコビアンキーニ)
URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)
URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)
green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング)
green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング)

セレモニーバッグをもっと見る

入学式はフォーマルバッグ+サブバッグが基本

Aimer エメ サテンリボンサブバッグ

入学式では持ち帰るものも多くあります。小さなフォーマルバッグには入らないので、そんな時にはサブバッグを持参しましょう。プリントが入るA4サイズ以上が望ましいです。
サブバッグがない場合はシンプルめのエコバッグを持参しても良いかもしれません。バッグに入りきらない持ち物を紙袋に入れて持って帰る…、なんてことは避けたいですね。

レンタル可能なサブバッグを見る

アクセサリーはパールのネックレスがおすすめ

23区
23区

入学式スタイルの王道ともいえる、2連ネックレス。23区のパールネックレスなら、セレモニーシーンにマストな7mm玉を使用した、一連と二連の2way仕様。スーツに合わせたコーディネートが可能です。スワロフスキーのパヴェボールがランダムに配置されており、ハレの日に相応しい華やかさもプラスしてくれます。

STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)
STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)

大粒のドロップパールが印象的なストロベリーフィールズの二連ネックレスなら、ハレの日に華を添えてくれるような、パッと明るい印象に。ラインストーンをあしらったロンデルデザインが夏に映えるひと品です。

Aimer(エメ)
Aimer(エメ)

シンプルになりがちな夏の入学式スタイル。そんな方には、周りと差のつくおしゃれなデザインがおすすめです。エメのラインストーンネックレスは夏の日差しに反応しキラキラと上品な輝きに。ジャケットを羽織らないセットアップスタイルや、ワンピーススタイルの方へおすすめです。

KAZA(カザ)
KAZA(カザ)

夏に合わせて軽さのあるコーディネートをお考えの方にはコットンパールもおすすめです。ネックレスそのものも軽い付け心地ですが、見た目の上品な艶めきと女性らしい優しい印象が人気の理由。こちらのネックレスは一連二連の2WAY仕様。留め具にはビジューをあしらい、細部まで上品に仕上げられています。

KAZA(カザ)
KAZA(カザ)

上品な風合いで人気を博しているのがコットンパール。そこで気になるのが、一緒に合わせるイヤリングです。普通のパールやビジューのイヤリングを合わせてしまうとチグハグな印象に。カリルではそんなお悩みに対応した、コットンパールのイヤリング・ピアスセットもご用意。デザインも多数取り揃えていますので、ぜひご覧ください。

ネックレスをもっと見る

コサージュは必要?付けるならどの位置?

そもそも、「卒園・卒業式、入園・入学式にコサージュをつけなければいけない」訳ではありません。誤解している方が多くいらっしゃいますが、装着は自由なので、つけなくても全くマナー違反にはなりません。

そもそもコサージュには、お祝いの意を伝える、という意味が込められています。コサージュは地味に暗くなりがちな服装を品よく華やかにしてくれますので、おすすめのアイテムです。

コサージュをつける位置は左胸の少し上が基本です。

バストの上では名札のようなイメージになり、野暮ったく幼い印象になります。鎖骨より上の場合は肩に乗っているような印象になってしまうので、高さのバランスに気を付けましょう。目安として、鎖骨の下に付けるぐらいがちょうど良い高さです。

コサージュに茎がある場合はどの向きでつけるのが正しいか迷ってしまいそうですが、厳粛な決まりはないようです。以前は、茎が上向きは未婚、下向きの人は既婚という決まりがありましたが、コサージュのデザインも多様化しているため、今はデザインのバランスで向きを決めて問題ありません。

迷った時は茎を斜め上(左肩の方)に向けて付けるとバランスをとりやすいです。

入学式におすすめのコサージュ・ブローチ

コサージュは普段つけることがあまりないですが、ハレの日を華やかにする特別なアイテムです。小ぶりのものや落ち着いた色味のベージュ系やアイボリー、グレー系なら、コサージュだけが目立ちすぎずコーディーネートに馴染みやすくおすすめです。
ジャケットに付けるのはもちろん、ジャケット羽織るのが暑くセレモニーワンピース1枚で入学式に参加する場合でもコサージュを付けることによって華やかさがプラスされます。

PREFERENCE(プリファレンス)
PREFERENCE(プリファレンス)
Cariru select(カリルセレクト)
Cariru select(カリルセレクト)
green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

コサージュを付けるのが苦手だけど華やかな印象にしたい方におすすめなのがブローチ。洗練された雰囲気で普段使いしやすいシルバーカラーやパールはセレモニーウエアにピッタリです。プルオーバートップスやワンピースなどジャケットを羽織らない場合でも胸元につけるとワンランク上のコーディネートが完成します。

green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
Cariru select(カリルセレクト)
Cariru select(カリルセレクト)

コサージュ・ブローチをもっと見る

髪型にもマナーはあるの?

結婚式と違い、必ずアップにしなければいけない、というマナーはありません。

ダウンスタイルもNGではないのですが、フォーマル感がでるのはやはりアップスタイル。いつもより少し手間をかけてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

普段セルフアレンジをしない方でも、こちらは挑戦しやすいですよ。

▼関連記事

入学式におすすめのキッズスーツ

CHOPIN(ショパン)
CHOPIN(ショパン)

ラベンダーカラーの半袖ワンピースが涼しげで夏の入学式にもぴったりなフォーマルセット。
ワンピース1枚でも花柄の総刺繍や裾に散りばめられたお花のモチーフで華やかな印象になります。

green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

セレモニーシーンにおすすめの丸襟が可愛いワンピース。
軽やかさのあるチェック柄の生地でワンピース1枚でも清楚感を出すことができます。

B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)
B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)

ジャケットを脱いでもブルーのシャツのチェックのハーフパンツがおしゃれなスーツセット。
蝶ネクタイはシャツの襟物とにあるスナップボタンに付けるだけなのでお子様でも簡単に着用することができます。

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)
TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

シャツはトリコロールカラーのストライプでトミーヒルフィガーらしさをたっぷり出したスーツセット。暑くてジャケットを脱いだとしてもシャツやハーフパンツのワンポイント刺繍でおしゃれ度はそのままキープできます。

キッズスーツをもっと見る

入学式の持ち物リスト

保育園や学校から持ち物の案内がありますが、それ以外にも用意するもの、あった方が便利なものがあります。
下のリストにまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

・マスク、除菌スプレーや除菌シート
・財布、鍵、化粧ポーチ
・スマホ(ケータイ)
・ハンカチ、ティッシュ
・デジカメ、ビデオカメラ(バッテリーやメモリの残りをチェック)
・携帯スリッパ(かかとがある黒い室内履きがベター)
・ストッキングの替え
・筆記用具(入学式では名前ペンがあると、もしもの時に便利)
・靴を入れる袋
・書類を持ち帰るサブバッグ

最後に、ご入学おめでとうございます。コロナ禍で通常とは違った入学式になるかとは思いますが、一生の思い出となる一日を幸せに過ごしていただけますように!

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

イベントカテゴリの最新記事