ご祝儀袋の選び方、書き方、包み方

ご祝儀袋の選び方、書き方、包み方

初めて結婚式に出席することになった時、どうすればいいか悩んでしまうのがご祝儀ですよね。ご祝儀袋を目の前にして固まっている人の為に、選び方や書き方、包み方のマナーについて簡単に解説していきたいと思います。

 

「見栄えがよいのでご祝儀袋は立派なものほどいい」
「水引はデザイン重視で好みのものを選びたい」
「”御結婚御祝”、”寿”、気持ちに近い文字を書く」

そんな風に思ってる方、いませんか?そんな方は、書き方や包み方以前に、ご祝儀の選び方から知っておかなければいけません!

ご祝儀袋の選び方

ポイントをチェックしてみましょう。

●包む金額の格に合う袋を選ぶ。

●水引(袋の結び)は解けない「結び切り」、蝶結びはNG。

●水引は10本であれば赤白でも金銀でもOK。

●右肩に「のし」のついているもの。

●表書きは「寿」を、「御結婚御祝」は挙式前に渡すのが一般的。

ご祝儀で「これさえ守っておけば大丈夫」というマナーと手順をご紹介していきたいと思います。

金額を決めて、新札を用意

昔は「偶数は”別れる”を連想するのでNG」としていましたが、現在は「夫婦仲良く分け合う」という意味で偶数の金額も認められています。親族の結婚式であれば3~5万、友達であれば2~3万が相場のようです。

新札は銀行の窓口、銀行の両替機で交換することが可能です。「一万円から一万円」の両替を選択すると新札がで出てきます。郵便局でも対応してくれる窓口がありますので聞いてみてもいいかもしれません。百貨店やデパートでご祝儀袋を購入した場合は新札に両替してくれるサービスをしているところもあります。

急いで新札が必要な場合は?

「明日は結婚式なのに銀行で両害を忘れた!」なんてこともあるかもしれません。そんな時はATMでご自身の貯蓄から数万引き出してみましょう。高い確率で新札が入っていますが絶対ではありませんので、あくまで裏ワザとして試してみてはいかがでしょうか。

金額に見合うご祝儀袋を選ぶ

水引は「結び切り」を使います。

結婚式用のご祝儀袋にはシンプルな飾りがついただけの物~松竹梅などの飾りが豪華につけられた物などたくさんの種類がお店に並んでいますが、ご祝儀袋は包む金額に比例した袋を選びます。

●豪華な飾りがついたご祝儀袋→5~10万、20万

●シンプルな飾りのご祝儀→3~5万

説明書きなどにいくら位の金額向きか書かれていることも多いので、参考にしてみてください。

包む時に必要なもの

ご祝儀袋と包むお金は、先ほどの手順で準備しておきましょう。

ペンは筆ペンを用意します。万年筆やボールペンはNG。毛筆が苦手でも気持ちを込めて丁寧に書けば大丈夫です。

ご祝儀袋を持参する際に入れる袱紗も必要です。二つ折りの慶弔両用のものは、左側にご祝儀袋を入れて右開きがマナーです。

Aimer エメ サテンリボン袱紗
Lovely Heart ラブリーハート ドット柄袱紗

 

袱紗を急ぎで必要なときはレンタルがおすすめ▼

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ハウツーカテゴリの最新記事