どれぐらい包むのが正解?結婚式のご祝儀相場事情

どれぐらい包むのが正解?結婚式のご祝儀相場事情

結婚式の披露宴にお呼ばれしたけれど、ご祝儀をいくら包むか悩んだことはありませんか。ご祝儀の相場は、その関係性や結婚式のスタイルでも変わってきます。そこで、いろいろな結婚式のスタイル別にご祝儀の相場を調べてみました。

冠婚葬祭のマナーや慣習というのは本当に地域や世代で常識が変わるのでやはり誰かに相談して準備をするのが一番いいでしょう。お祝い事は新郎新婦のお家にも関わることですからしっかり準備して行きましょうね。

友人、同僚の披露宴に出席

職場の同僚の披露宴の場合、自分だけでなく周りも何名か出席するならば、みんな横並びで同じ金額でいいじゃない?という話になると思います。

一般的なご祝儀の相場は友人や会社の同僚であれば2~3万円と言われています。

会場がどこの結婚式場なのか、ホテルなのかレストラン披露宴なのかなどでもご祝儀の金額は変えていいと思います。例えばレストランウェディングよりホテルの方がご祝儀が1万円ほど高い傾向にあるようです。またご自身が20代前半であれば、2万円でも妥当な金額と言えそうです。もちろん会場や年齢で金額を変えないという選択でもOKです。

学生時代の後輩、会社の後輩の披露宴に出席

自分の後輩の場合のご祝儀の相場は3~5万円と言われています。自分が上司の立場ならばやはり5万円となるかもしれませんね。

遠方の披露宴に出席

昔からの友人で今も繋がりがあれば、披露宴に招待される場合がありますよね。自分が先に結婚して招待していると同じく声がかかることが多いと思います。しかし披露宴に行くには交通費がかかるしご祝儀代に新しい服に、と考えると少しお祝いの気持ちが薄れて悩んでしまいますね。

当日の友人のスピーチとか仲間同士の余興などに参加する予定もなければ、おそらく交通費(お車代)は期待できないと思います。飛行機などではるばる出席する場合は事前にホテルなどを予約してくれたりすることもあります。小さな披露宴や二次会のような披露宴であれば交通費は期待できないと考えて良いかもしれません。先方の心遣いがない場合でも渡したいと思う金額が妥当ではないでしょうか。

親戚の披露宴に出席

親戚の披露宴に出席することになった場合

親戚の挙式、披露宴に出席するとなると、友人や同僚の場合とは金額が変わってきます。最低でも3万円以上というのが相場のようです。

兄弟の結婚式の場合はいくら包むのでしょうか。自分自身が結婚していて夫婦で招待された場合、連名でご祝儀を10万円ほど包むのが相場のようです。独身の場合は一般的に5万円です。

従妹であれば3万円が相場ですが、やはり夫婦で呼ばれるとなると5万円以上が妥当でしょうか。関係性にもよりますので、こちらもご両親と相談しても良いでしょう。

欠席の場合は渡さなくても問題はありませんが、関係が近い場合は気持ち程度に1万円ほど包んでも良さそうです。

関係別 ご祝儀金額の一覧表

ご祝儀袋は立派なほど良いと思っていませんか?

金額に見合うデザインが決まっていますので、対象金額をチェックして選びましょう。

最後にご祝儀相場を関係別にまとめました。

 

●友人、会社の同僚→ 2~3万(20代前半の場合2万)

●学生時代、会社の後輩→ 3~5万

●会社の部下→ 5万

●余興に参加しない遠方の式→ お車代が出ない前提のご祝儀代

●兄弟→ 夫婦連名10万、独身5万

●従妹→ 夫婦連名5万(以上)、独身3万

●親戚の結婚式欠席→ 渡さなくても可(気持ちで1万)

 

いかがでしたか?自分がもらった同額を包めばいいと思う人もいれば、周りとあわせた方がいいと思う方もいらっしゃるでしょう。いろいろご提案をしましたが、せっかくのお祝い事ですから、心からお祝いとして出したい金額を包めばいいのではないでしょうか?

仲良くしていた時の思いを伝えるのは他にも手段はたくさんあると思います。思い出にまつわるプレゼントを準備したり、手紙を添えて贈り物をしたり…。あなたならではのお祝いの気持ちを伝えれてみてはいかがですか。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ハウツーカテゴリの最新記事