[お呼ばれ結婚式]イヤリング・ピアスのマナーと選び方

[お呼ばれ結婚式]イヤリング・ピアスのマナーと選び方

結婚式に呼ばれた時、お祝いの気持ちを伝えるドレスやアクセサリー選びに頭を悩ませたことがある方は多いのではないでしょうか。実はイヤリングやピアスにもいくつかマナーがあります。
今回はイヤリングやピアスに関する、結婚式のアクセサリーマナーを解説します。

アクセサリーマナーは開催時間によって変わる!

結婚式は昼や夜、様々な時間帯に開催されますが、開催時間によって服装マナーが変わります。まずは招待状の開催時間をチェックし、夜に参加するか、昼に参加するかを確認しましょう。では、昼と夜でどういったマナーの違いがあるでしょうか。

昼の結婚式の場合

昼の結婚式に参加する時は、基本的にキラキラ反射するような素材を使ったアクセサリーは避けたほうが無難です。昼は外光が強いため、スワロフスキーやダイヤモンドなど、光を反射しやすい素材のアクセサリーは選ばないほうが良いと言われています。写真撮影の時にアクセサリーが反射してしまい、他の人の写り具合に影響が出てしまうためです。ただそれは、大振りのジュエリーに限ってのこと。小振りなデザインであれば問題ないでしょう。

おすすめの素材は、パールや華奢なゴールド、シルバーアクセサリー。ほかアメジスト、サンゴなどもおすすめです。光が反射しないだけでなく、結婚式らしい上品な雰囲気を演出できます。

夜の結婚式の場合

夜の結婚式は、昼間とは違い光の反射を気にする必要はありません。照明の光で美しく輝くような素材のものを選ぶとよいです。スワロフスキーやゴールド、ダイヤモンドやクリスタルなどの素材を使ったアクセサリーがふさわしいと言われています。ドレスに合わせれば、夜の式場でもしっかり映える美しいコーディネートに仕上がりますね。

お祝いの席でNGなイヤリング・ピアス

結婚式はおめでたい場なので、その雰囲気を壊さないファッションを意識しなければなりません。こちらでは、結婚式には適さないと言われている、NGなイヤリング・ピアスの特徴を紹介します。

ギラギラと反射する大振りのジュエリー

結婚式のゲストとして出席する場合、あまりに目立ちすぎるイヤリングやピアスは好まれません。あくまで参列者としての立場を忘れず、品のあるアクセサリーを選びましょう。夜の結婚式ならキラキラ光る素材のアクセサリーをつけても基本的には問題ありませんが、大振りなデザインの場合は花嫁とかぶってしまう可能性があります。いわゆる、ブライダルジュエリーのようなデザインは避けましょう。

大きく揺れるデザイン

以前は結婚式のアクセサリーマナーで、揺れるデザインのイヤリングやピアスは避けた方が良いと言われていました。「揺れる」=「家庭が安定しない」を連想し、縁起が悪いという理由からです。
靴のマナーでオープントゥがNGな理由も「つま先」=「妻が先に立つ」を連想させ縁起が悪いという理由からですが、最近はそこまでシビアではありません。
ただ、結婚式はあくまで新郎新婦がメインなので、大振りで目立つような揺れるアクセサリーは避けた方が良いでしょう。特にピアスやイヤリングは顔の横につけるものなので、目が行きやすく、配慮が必要です。大きめのアクセサリーをつけたい時は、大きく揺れるデザインは避けましょう。

プラスチックデザイン

結婚式はフォーマルな場なので、カジュアルなデザインのアクセサリーは適していません。プラスチックデザインのピアスやアクセサリーはカジュアルなデザインが多いため、避けるようにしましょう。

ファー素材のデザイン

見た目だけでなく、素材が持つイメージによっても避けたほうが良いアクセサリーがあります。特に注意したいのがファー素材です。アクセサリーにもよく使われる素材ですが、ファーは動物殺生のイメージがあるため、お祝いの席にはそぐわないと言われています。
また、毛が落ちるなどの衛生面からも食事を行う席には適していたいため、NGとされています。

ブラックパールは注意が必要

フォーマルな場でよく身に付けられるパールのアクセサリーですが、結婚式に出席する時には選ぶ色合いに注意が必要です。ブラックパールは、弔事に用いられるアクセサリーのイメージが強く、縁起がよくないと思う方も中にはいます。ブラックパールのアクセサリーを付ける際は、弔事で用いるようなシンプルな一粒パールは避け、やや装飾のあるデザインを選ぶと良いでしょう。ネックレスも慶事にのみ使われる2連以上のアクセサリーがおすすめです。
また、ホワイトやピンクなど華やかな色合いのパールアクセサリーも多くありますので、パールイヤリング・ピアスは明るいカラ-をセレクトすることをおすすめします。

コットンパールやイミテーションはマナ―的にOK?

表面にパール加工を施した、コットンパールやイミテーションもたくさんのラインナップがあり人気ですが、マナー違反にならないのでしょうか。
こちらはマナーとしてOKです。
比較的安いため取り入れやすく人気ですが、模造品の一種ということで結婚式に身に付ける事に抵抗がある方もいるかもしれません。しかし、本物のパールよりも軽く、長時間身に付けても疲れないというメリットやファッショナブルなデザインの幅広さによって結婚式に付けていく人も多く、浸透しています。花嫁さんよりも目立たないようなデザインを選べば問題はないでしょう。

コーディネートからイヤリングやピアスを選ぶ

結婚式のアクセサリーマナーをクリアした後は、さっそくイヤリング・ピアスを選びましょう。マナーだけでなく、コーディネートとして素敵なアクセサリーを選ぶポイントをご紹介します。

ドレスカラー、アクセントカラーに合わせる

アクセサリーだけに注目して選ぶのではなく、ドレスカラーやなりたい雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。

例えば爽やかなパステルカラーのドレスなら、軽やかな小粒パールとクリスタルのピアス、暖色系のパステルカラーを可愛らしく着たいならフラワーモチーフやティアーモチーフのパールイヤリングはいかがでしょうか。

Rochie ロキエ フィーシオピアス
Rochie ロキエ フィーシオピアス
Aimer エメ フラワーポイントイヤリング
Aimer エメ フラワーポイントイヤリング

同じブラックドレスでも、クールに演出するならシルバー基調のイヤリング、エレガントに演出するならゴールドを基調に…というように、どう演出したいかテーマを決めると選びやすいでしょう。
また、メリハリも意識するとボリューム感も決めやすくなります。シンプルなドレスには少し大きめのアクセサリーでアクセントを、華やかなデザインドレスには少し控え目なアクセサリーで上品に、など全身のバランスを考えると選び易くなります。

ネックレスデザインに合わせる

結婚式でおすすめのアクセサリーと言えばパールですが、粒の大きさやデザインは様々です。もしネックレスやブレスレットも付けるなら、それらのデザインに合わせても良いでしょう。
花モチーフ、パール×ジュエリー、パール×ゴールド、パール×シルバーなどテイストを同じにすると全体的に統一感がでます。

Rochie 【セット】ロキエ カメリアコットンパールネックレス+イヤリング
Rochie ロキエ カメリアコットンパールネックレス+イヤリング
Aimer エメ【セット】ボールスネークネックレス・イヤリング
Aimer エメ ボールスネークネックレス・イヤリング
Rochie 【セット】ロキエ エルブネックレス+イヤリング
Rochie ロキエ エルブネックレス+イヤリング

 

バッグ、靴のカラーやモチーフに合わせる

ドレスが決まり、バッグや靴の小物が決まったら、小物のテイストに合わせてイヤリング・ピアスを選ぶ方法もおすすめです。
小物のカラーで合わせる場合、ゴールドやベージュ系のバッグ、靴をコーディネートしているなら、パール×ゴールドのイヤリングはおすすめです。

グレースコンチネンタル エンブロイダリーバッグ

Rochie ロキエ ラペーヌイヤリング
Rochie ロキエ ラペーヌイヤリング
Rochie ロキエ エフェピアス
Rochie ロキエ エフェピアス

小物のモチーフでアクセサリーを選ぶなら、ビジューバッグ、靴にはビジュー系のシルバーアクセサリー、フラワーモチーフやリボンモチーフなどを合わせても良いかもしれません。

any SiS エニィスィス クラシカルビジュー×バーイヤリング
any SiS エニィスィス クラシカルビジュー×バーイヤリング

Rochie ロキエ ボールブーケイヤリング
Rochie ロキエ ボールブーケイヤリング

会場の格式に合わせる

結婚式はホテルだけでなく、レストランなど様々な場所で行われます。会場によって雰囲気が異なるので、それに合わせてアクセサリーを選ぶことも重要です。ホテルウェディングならフォーマルにパールのみで仕上げる、レストランウェディングならファッショナブルなデザインアクセサリーを選ぶなど、会場の雰囲気に合わせてコーディネートしましょう。

出席者の年齢を考慮する

年齢層によって、ファッションの捉え方は大きく変わるので、出席者の年齢層を考慮してアクセサリーを選ぶことも大切です。友人同士の若い人だけの結婚パーティーならマナーもさほど気にしなくて良いですが、親戚の方や職場の上司など年上の出席者が多い場合はアクセサリーに限らずフォーマルマナーを意識した服装を心掛けましょう。

VENDOME ヴァンドーム パールイヤリング
VENDOME ヴァンドーム パールイヤリング

あえて付けないという選択肢も

なかには金属アレルギーでピアスやイヤリングをつけられないという方もいるでしょう。結婚式に参加する時、必ずしもピアスやネックレスをつける必要はありません。ドレスのデザインや他のアクセサリーとのバランスによっては、あえてつけないというのも一つの選択肢です。そういう時は、ネックレスをちょっと華やかにしてみる、ヘアアレンジに拘ってみるなどすれば、十分結婚式に相応しい華やかな装いになります。

結婚式にふさわしいおしゃれを楽しもう!

結婚式に参加する時、思いっきりファッションを楽しみたいという方もいるでしょう。しかし、自分のことだけを考えて、好きなようにイヤリングやピアスを選んでしまうと、大切な結婚式を台無しにしてしまう可能性があります。縁起の良くないものやフォーマルな場にふさわしくない素材のもの、花嫁と被らないようにするなど、マナーを守った上で耳元のおしゃれを楽しんでみてください。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ファッションカテゴリの最新記事