結婚式の服装講座~新郎新婦のお母様編&ご親族編~

結婚式の服装講座~新郎新婦のお母様編&ご親族編~

結婚式へ出席される方に向けた服装講座です。第1回目は、新郎新婦のお母様編&ご親族編と題して結婚式の服装についてみていきましょう。

女性出席者の服装の基本3か条

①新郎・新婦の白いイメージから、出席者は白を避けるのがマナー。

②新婦よりも派手な服装にならないよう気を付けましょう。

③昼間の披露宴では、過度な肌の露出はNGです。

新郎新婦のお母様編

会場に合った服装を選ぼう!

花嫁さんのお母様は最も格式の高い礼装を着用します。

ホテル等の式場では、和服の礼服となる黒留袖や黒のロングドレスの正礼装、カジュアルな会場では、アンサンブルのスーツやロングドレスなど、会場の雰囲気に合わせた服装選びがポイントです。

両家で服装を揃えよう!

新郎新婦・ご両家で並ぶシーンが多いため、並んだ際のバランス感が重要です。

新郎のお母様が黒留袖、新婦のお母様がロングドレス・・・なんてことにならないよう、両家で事前に服装の打ち合わせを行うことをオススメいたします。

黒はいいけど暗くなりすぎちゃダメ!

ゲストにも人気なオシャレカラーの黒。しかし、シンプルすぎるコーディネートだと喪服のように見えてしまうので注意が必要です。

留袖の場合

自分に合った豪華な柄を選ぶ。例えば、身長が低い方は少なめの柄を、高い方は存在感のある柄がオススメ。体型のバランスがよくすっきりとした印象になります。

ドレスの場合

光沢感のあるシャンタン生地、レース等柄・デザインが凝ったものを選ぶ。ストッキングも黒はNG。ベージュにしましょう。

スーツの場合

明るいカラーのコサージュ、アクセサリーをポイントにコーディネートする。卒業式のような雰囲気になりたくない方は、丈の長いロングドレス・華やかなバッグでアクセントをつけると、結婚式に相応しいオシャレなお母様に変身できます。

新郎新婦の姉妹編

昼の披露宴ドレスの選び方

既婚者の場合は黒留袖を着ることが多いため、ある程度のデザイン・形が決まっているので選びやすいですが、未婚者のドレス選びは悩みますよね。

 

昼の披露宴では、肌の露出が少ない袖が7分丈くらいのものがオススメ。

花嫁さんよりも派手なデザインではない、ドレス・ワンピース・スーツ・アンサンブルなどが主流です。年齢に合ったデザインで、光沢感のあまりない生地、スカート丈は膝が隠れるもの・ロング丈のものを選ぶことがポイントです。

色はブラック・ネイビーカラーが人気です。ベージュも人気カラーの1つですが写真に写った際、白っぽく見える恐れがあるので、カラー選びの時はピンクベージュやワンポイントの入ったデザイン(ブラックレースの切り替え、ブラックのベルトなど)を選ぶ等気を付けましょう。

高校生以下の方は制服でもOKです。

バッグは小ぶりでシンプルなデザインを選ぶ。光沢を抑えたものだと尚良いですね。

昼の披露宴、小物選びのポイント

☆ネックレス:パール系。今はシンプルなデザイン以外にもいろいろなデザインがあるのでオシャレの幅も広がります。寂しい雰囲気を避けたい場合は、重ね付けもオススメ。

☆パンプス:ヒールは3センチ以上で太過ぎないものを選ぶ。シンプルなエナメルやレース地が人気。

さいごに

いくら花嫁さんよりも目立ってはいけないと言っても、地味過ぎてはせっかくの結婚式が台無しです。

ご親族側での出席の際には、他の出席者の方が挨拶に来る場面・写真撮影の場面が多いかと思いますので両家・会場の雰囲気に合わせた、フォーマル感の出る服装を心がけることが重要です。

参加した出席者に「素敵なご家族だな~」と思ってもらえる結婚式にしたいですよね。全国のお母様・ご親族の皆様、結婚式当日を大いに盛り上げてみてください。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

イベントカテゴリの最新記事