気になる結婚式のお呼ばれアクセサリールール

気になる結婚式のお呼ばれアクセサリールール

意外と知らない結婚式のアクセサリールール。華やかな場だからと言って、ただ着飾ればいいのかというと、そうではありません。「赤っ恥は避けたいけど、どれが本当なのかよくわからない…」という方のために、今回は、結婚式お呼ばれのアクセサリールールをまとめてみました。
ポイントを抑えて堂々と結婚式に参加しちゃいましょう!

細かいルールはない?

実は、ドレスと違って細かいルールが定まっていない結婚式のアクセサリールール。とはいえ、結婚式には様々な年代の方が一同に集まります。失礼に当たらずにオシャレを楽しむための基本ルールを学んでおきましょう。

×避けたほうがいいもの

生花・ティアラ・ゴージャスなアクセサリー

結婚式の主役は新郎新婦です。花嫁より目立ってしまうのはNG。ティアラなどのキラキラしたアクセサリーや、大ぶりなコサージュなどは避けましょう。また、ヘアに生花なども花嫁の特権です。主役とかぶらないように配慮できていれば、悪目立ちしてしまうリスクを回避できます。

時計

ビジネスの場ならともかく、結婚式で時計をつけることはやめておきましょう。本来フォーマルな場で時計を着用することはマナー違反です。時間を気にせず、心からお祝いする気持ちを態度で示してあげましょう。

季節とずれたもの

ベロアのリボンや髪飾りは華やかですが、秋冬のものだということをご存知でしたか?
新郎新婦が時期にもこだわって選んだ結婚式。季節にあった素材を選んで、華を添えましょう。

△配慮が必要なもの

黒パール

不祝儀を連想させるという黒パールや本物でないイミテーションは、NGと言われていますが、絶対のマナーというわけではありません。
しかし、年配の方など、気にする人がいるのも事実。結婚式の年齢層にあわせて、着用してもOKか判断しましょう。

揺れるイヤリング・ピアス

家庭が安定しないことを暗示するためNGとされている揺れるピアスやイヤリング。絶対ダメというわけではありませんが、大ぶりの垂れるタイプのアクセサリーはコーディネートの際にバランスがよくないかもしれません。
全体的な調和を考える上でも、パールが少し揺れる程度の範囲に留めておきましょう。

◎おすすめはパール

パールのピアスやネックレスは、一番ベーシックなアクセサリーです。どんなシーンにも相性ばっちり!年代問わず身に付けることが可能です。結婚式の時間帯によって、昼と夜でアクセサリーを使い分けたほうがよいとされていますが、パールはどの時間帯に身につけていてもOK。重宝します。
ただし、無難なアイテムであるだけに身につけている人は多いです。そんなときは、さりげなく季節感を演出するアイテムをプラスしてアレンジするのも◎
春夏ならシフォン、レース、ジョーゼットなどのコサージュ。秋冬ならベルベットやベロア、ファーなどをプラスしてみましょう。

GRACE CONTINENTAL グレースコンチネンタル フラワーアンティークネックレス
PREFERENCE プリファレンス リーフデザインパールイヤリング

二次会や夜の結婚式なら、光るものもOK

二次会から参加する場合や夕方以降の結婚式では、 “光り物“のアクセサリーできらびやかに着飾ってもマナーとしてOKです。ダイヤ等の貴石ラインストーンゴールドなど輝くものでドレスアップをしても素敵です。

PREFERENCE プリファレンス ドロップデザインラインストーンネックレス

 

 

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

イベントカテゴリの最新記事