どこまでフォーマル? 1.5次会の服装マナー

どこまでフォーマル? 1.5次会の服装マナー

なにかとしきたりやルールが多い結婚式。最近は寛容になる傾向が多いですが、かえってどこまでカジュアルにしていいかわからず迷ったりしますよね。なかでもわかりづらいのが1.5次会。名前ももちろんですが、位置づけが中途半端・・・。そんな1.5次会のファッションのポイントを解説していきます。

そもそも1.5次会とは?

1.5次会って何?と思う方も多いのではないでしょうか。招待されたことが無いという方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも1.5次会の定義というのは曖昧で、一言で言うと「披露宴と2次会の中間」になります。披露宴のあとに2次会の会場に移動する間におしゃべりする、という会ではなく、両方の特長を合わせ持つ会です。ご家族だけの披露宴や海外挙式をした後に、友人を集めて行うお披露目会などが多いようです。

押さえておきたいファッションポイントは?

1.5次会は、「披露宴ほど形式張らずに、2次会ほどカジュアルではない」というのが基本です。この微妙な言い回しの感じがなんとも服装やマナーを迷わせますが、一番覚えておきたいのは、”フォーマル寄りであればミスは無い”ということです。

平服でお越しください、というケースも多いのですが、周囲がフォーマルな服装だった場合にちょっと引け目を感じてしまうはず。ですので、フォーマル路線であれば基本的には問題はありません。

また、いわゆる披露宴でNGな服装は避けましょう「ファー製品を避ける」、「白い服装は避ける」、「露出し過ぎない」などそのあたりのポイントは披露宴と同じです。

このあたりはフォーマルなパーティー全般に共通していますので、覚えておくといいと思います。

どれぐらいフォーマル? カジュアル?

1.5次会は、新郎新婦の考え方によって、フォーマルやカジュアルの差が大きく違います。従来の結婚形式にこだわらない2人が主催ですから、その意向を組んであげることが大切。

「ご祝儀の負担をかけず、仲間ににぎやかに祝ってもらいたい」、「式は親族だけだから、お世話になった方々にきちんとご挨拶をしたい」など、目的によって、会場や会費などが変わってきます。招待状の会場や会費制かどうかなどはひとつのヒントになりますので、チェックしてみるとよいでしょう。

また、事前に情報があれば出席者によって判断することもできそうです。例えば出席者が会社の上司が多めであれば少しフォーマル寄りに、大学時代の同僚が多ければカジュアル寄りという感じです。

さらに楽しむためのファッションのポイント

新郎新婦よりは目立ってはいけませんが、当然ファッションは楽しみたいものですよね。そこで1.5次会で少し違いをだしたいという方には小物類がおすすめ。

派手すぎず、上品な演出をしてくれるアクセサリー、ショール、バッグなどはアクセントになり、良い演出をしてくれます。ネイルをパーティ仕様にしてもいいですね。

披露宴よりはカジュアルなので、幸せな2人とゲストの距離が近いのも特長です。そのため服装はもちろんですが、新郎新婦も肩肘張らずに楽しみたいと思っているはず。全体の進行を乱さない程度なら、楽しくワイワイすることを新郎新婦もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

服装もNGな服装を除けば楽しんでOKですので、思い切り楽しんできてくださいね。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ファッションカテゴリの最新記事