どうお揃いにする?ブライズメイドのドレス選び

どうお揃いにする?ブライズメイドのドレス選び

ブライズメイドは結婚式当日におそろいの衣装を身に着けるのも楽しみの一つ。欧米では定番ですが、日本でも芸能人が取り入れたことで注目が集まっています。今回は、衣装の合わせ方と選ぶポイントを紹介します。

ブライズメイドのドレスを選ぶポイントはご存知ですか?お揃いものを着ることが決まりですが、全く同じものじゃなくても良いのです。

例えば、ドレスのデザインやカラーが似ているものを選べばOK。色も形も同じ衣装を着て完璧にコーディネートするのも面白いですが、1つだけルールを決めると選択肢も広がってドレスを選びやすくなるのではないでしょうか。ブライズメイドのドレスを選ぶうえでおすすめのポイントを紹介するので、参考にしてください。

デザインで合わせるなら華やかな「ベアタイプ」

She’s シーズ ベアタイプレースドレープドレス

ブライズメイドが着用するドレスで定番のデザインは、ノースリーブとベアタイプのドレス。華やかさを演出するなら、ベアタイプがおすすめです。少し大胆に感じるかもしれませんが、他に着用する人が少ない分、ブライズメイドのおそろい感がアップします。

前述の理由から、デザインで合わせるときはなるべく珍しいデザインの選択をおすすめします。例えば、アシンメトリードレスやスカート部分にスリットが入っているものなど。せっかくの結婚式なので、個性的で素敵なドレスを選びましょう。

同じデザインのカラー違いも可愛い

【ブライズメイド2着SET】リボンドレス

たとえば、同じデザインのドレスも交互に並ぶと可愛いですよね。靴のカラーを合わせると統一感もでます。ブライズメイドは花嫁より少し小振りのブーケを持ちます。同じデザインでももちろん良いですが、ドレスのカラーに合わせたものでも素敵です。新郎新婦が希望する式のイメージやテーマに合わせると良いでしょう。

カラーで合わせるなら幸福を意味する「ピンク」

ブライズメイドは結婚式に花を添える存在。なるべく明るい衣装を選ぶのがベストです。海外ではビビッドカラーやパステルカラーが多いですが、おすすめは淡いピンク。女性らしい色で結婚式を明るくしてくれます。

ピンクには「愛・幸福感・安らぎ」という意味が含まれるので、花嫁をサポートするブライズメイドにぴったりのカラーです。

【ブライズメイド2着SET】シンプルドレス

柄で合わせるなら落ち着いたドット柄

数人で衣装を合わせるとなると、露出の多いデザインや華やかなカラーに抵抗があるという人も出てくるかと思います。そこでおすすめなのが、同じ柄のドレスを選ぶこと。柄を合わせたら衣装の形や色はある程度自由なので、それぞれの好みで雰囲気を落ち着かせたり、華やかにしたりアレンジしやすいという利点があります。

ボーダーや花柄と色々な柄がありますが、ここでおすすめしたいのはドット柄。女性らしく上品でありながら、定番の柄なのでドレスの種類が豊富です。あまり奇抜な柄だと選べるドレスに限りがあるので、定番の柄で合わせることをおすすめします。

Apuweiser-riche アプワイザー・リッシェ ドットフロッキープリントドレス
LODISPOTTO ロディスポット ドットAラインドレス
 いかがでしたか。個性的なデザインやカラーを選んで華やかに目立つか、あまり派手な印象は与えず統一感をだすかは新郎新婦がどんな式にしたいか、によります。ブライズメイドに選ばれたメンバーの意見を聞いて、みんなが満足いくドレスに決めましょう。花嫁より華やかな衣装にならないか気を配りつつ、結婚式の雰囲気を明るいものにするために素敵なドレスを選びましょう。

ブライズメイドドレス特集を見る▼

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ファッションカテゴリの最新記事